KCS 600

ホイールローダ

ホイールローダシミュレータはWA600-8を基に開発されましたが、
WA320-8からWA900-8の様々な機種のトレーニングに活用可能です。
シミュレータ内では採石場のダンプ積込みのトレーニングだけでなく、
石材運搬用のストーンハンドリングや木材を扱うログハンドリング
といったアタッチメントの練習もすることができます。

このシミュレータは基本運転から生産性向上トレーニング、
トラブル対処など様々なシナリオをご用意しています。
また、ハンドルだけでなくAJSS(アドバンスド ジョイスティック
ステアリング システム)でも操作頂けます。

シミュレータ上のトレーニングはコマツマスタートレーナ監修です。機械の運転方法や機能をシミュレータで学習することで、
実際の機械の運転の前に安全で正しい操作を身に付けることができます。

シナリオ

基本運転から生産性向上、車両トラブルの対処など12のシナリオをご用意しています。
トラブル対処ではブレーキオーバーヒートやタイヤパンクなどといった合計9つのトラブルを練習できます。
運転中は計49 のオペレータエラーがチェックされ、シナリオ終了後に確認できます。

時間帯や天候を調整でき、目的に応じてインストラクタがシナリオを最適化できます。また、運転の採点項目を現場の規制に合わせて個別に設定できます。通行方向(左側通行・右側通行)や単位表示も自由にカスタマイズできるため、様々な現場に対応することができます。

現在19の言語に対応しており、ご要望に応じて言語は
追加可能です。

ホイールローダシミュレータの画面はシングルスクリーン
もしくは、トリプルスクリーンをご用意しています。

現在日本では静岡県伊豆市にあるコマツテクノセンタで
見学頂けます。また、ご要望に応じてオンラインでのデモも
開催しています。ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ
当社のウェブサイトは、利便性、品質維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。 Cookieの利用に同意頂ける場合は、「同意する」を押してください。